モバイルSuica

よくあるご質問

東日本旅客鉄道株式会社

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2844
  • 公開日時 : 2021/03/25 18:25
  • 更新日時 : 2021/03/27 13:37
  • 印刷

「他の端末のおサイフケータイアプリが同一のGoogleアカウントでログインされているため、Suicaの発行ができません。このケースに該当しない場合は、サポートセンターまでご連絡ください。」(I-004)と表示されます。

回答

Suicaを設定しようとする端末(Androidスマートフォン)Aで、エラーコードI004が表示されたほとんどのケースにおいて「モバイルSuicaアプリが連携するおサイフケータイアプリが、既に別の端末Bで同一Googleアカウントにより使用されSuicaを設定された状態」であり、このままではモバイルSuicaをおサイフケータイアプリに連携することができませんので、以下いずれかの方法をご検討ください。
 
【端末BのSuicaを引き続き使用し、端末AでモバイルSuicaを使用する手順】
  1. 端末Aのおサイフケータイアプリに、端末Bと異なるGoogleアカウントでログイン
  2. 端末AのモバイルSuicaアプリを起動
【端末BのSuicaを退会(払いもどし)し、端末AでSuicaを使用する手順】
  1. 端末BのモバイルSuicaを退会(払いもどし)
  2. 手順1.の完了翌日以降、端末AでモバイルSuicaアプリを起動
いずれの場合も、端末のGoogleアカウントを変更いただく必要ありませんが、おサイフケータイアプリはGoogle Payアプリと連動したアカウント設定となりますので、AB両端末では「おサイフケータイアプリ」「Google Payアプリ」のアカウントを別のものとする必要があります。
 
上記ケースに該当しない場合はバイルSuicaサポートセンターへお問合せください。

アンケート:ご意見をお聞かせください