モバイルSuica

よくあるご質問

東日本旅客鉄道株式会社

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2089
  • 公開日時 : 2020/04/08 00:00
  • 印刷

「緊急事態宣言」発出(2020.4)に伴う定期券の払いもどし対応について

回答

2020年4月7日(火)発出の「緊急事態宣言」を受けた特例による払いもどしを希望する場合、以下内容をご確認の上お手続き願います。
特例が適用された場合の払いもどしも、(弊社での設定及びご案内の後)同様にモバイルSuicaアプリ/Suicaアプリケーションでの操作となり、月割計算にて払いもどし金額を算出いたします。
 
特例の対象使用最終日(4/7以降)に払いもどし操作を失念し、払戻金額が少なくなった場合
有効期限が5/6以前、及び使用開始が5/26以降の定期券は特例の対象にはなりません。
 
特例の対象に該当する場合は、下記リンク会員専用モバイルSuicaお問合せフォーム」にて『使用最終日』をご申告ください。弊社にて、お客さまのSuica情報を確認・照合の上、日付を遡って払いもどしいただける取扱いをご案内いたします。
 
  フォーム入力時の注意点
◆お問合せの対象→→→定期券払戻し(新型コロナ対応)を選択。
◆お問合せ内容→→→実際の定期券使用最終日「2020XXXX」を入力。
◆お問合せ受付番号→→→20200407と入力。
 
ご申告をいただきましたら、個別にご案内(メール返信)をいたしますので、その間モバイルSuicaアプリ/Suicaアプリケーションで払いもどし操作等は行わないでください。なお、特例(使用最終日の遡り)は、外出自粛要請に準じたものでありますため、当該Suicaにて定期券の使用最終日以降もSF(電子マネー)による交通利用が確認できた場合、その日を最終利用日とみなします

アンケート:ご意見をお聞かせください